ホテルに呼ぶなら素人風俗嬢で決まり!!

学生風俗嬢は業界未経験

お水の世界や風俗業界で働いてる女性の1割~2割は学生だと言われています。学生の本業はもちろん勉強ですが、学費や生活費の為にお金が必要なのもまた事実。コンビニやファミレスのアルバイトとしてのお給料ではなかなか楽な生活ができない現状がある事から、お水の世界や風俗・デリヘルの世界で仕事をしている学生も多い様です。

学生のアルバイト

学生の場合はほとんどの人がお水業界や風俗業界での仕事は未経験の状態で入ってきますので、まずお給料の高さに驚かれる事と思います。よくありがちなのが、まともに就職をするよりもお給料が格段に良いので、学業がおろそかになって夜の世界にハマってしまう事です。若いうちは夜の世界での仕事の方がたしかに稼ぐ事ができますが、それは若いうちだけの話です。10年後20年後を考えた時には、やはり学校でしっかりと勉強をして、資格などを取得しておけばよかったという声はあちこちで聞かれます。

学生のデリヘル嬢

学生のうちにお水(キャバクラ・ガールズバーなど)や風俗(ヘルス・デリヘルなど)で働く場合は、週に2日~3日程度。学業に支障が出ない程度に留めておきましょう。高いお給料に釣られてハマってしまうと、取り返しのつかない事になってしまいます。生活リズムも崩れてしまうと、後で戻すのが大変です。そこだけは気をつけましょう。

また、学校によってはそういった業界で働く事を禁止にしているケースもあります。あるいは就職活動をする時に、もしもそういった業界で働いた経験がある事が知れてしまうと、内定が取り消しになってしまう可能性もあります。目先のお給料に目が眩んでしまうと、後で大変な事になってしまうかもしれません。

現役大学生が意外と多いデリヘル

現役大学生のデリヘル嬢

素人風俗嬢と遊ぶなら現役大学生が多く働いているデリヘルがおすすめです。最近の女子大生は、夜のアルバイトの定番であったキャバクラではなく、手っ取り早く稼げる風俗で働く人が増えてきています。キャバクラやセクキャバ、ヘルス、ピンサロだと同級生と遭遇したり顔バレしてしまう可能性がありますが、デリヘルであれば顔バレの心配は少なくなります。

デリヘルはホテルに出張してサービスを行う風俗なので、シティホテルやビジネスホテルにデリヘル呼べる場合に限られるため利用する男性は出張中のサラリーマンが中心ですので、店舗(お店)で働くファッションヘルスやピンサロより地元の友達や大学の同級生と出会う確率が減るためです。デリヘル店でも高級店(高級デリヘル)で働けば、さらに顔バレする心配はなくなります。現役大学生をプロフィールでアピールできるなら指名を簡単に取ることができ、お店の看板デリヘル嬢になれる可能性すらありえるのです。