北海道・札幌市の繁華街と風俗

札幌市のおすすめスポット

札幌のおすすめスポットとしては、まず「すすきの駅」周辺が挙げられます。すすきの駅はJR札幌駅から南に地下鉄で2駅のところにあり、札幌でも有数の繁華街となっています。地下鉄でアクセスするのが便利ではありますが、実は札幌駅からすすきの駅までは地下道でつながっています。飲食店、宿泊施設も数多く、札幌観光の拠点としてとても便利なところです。ここを拠点として、大通公園やテレビ塔、時計台、赤レンガ庁舎と呼ばれる北海道庁、北大植物園など、市内にはおすすめスポットが目白押しです。

なお、北大といえばクラーク像を思い浮かべる人も多いでしょうが、クラーク像のある北大構内はJR札幌駅の南側ではなく、北西側に位置します。JR札幌駅からも十分に徒歩アクセス可能な距離です。

札幌市のエロカワ女子と遊べる風俗

札幌市の風俗は、日本三大歓楽街でもある「すすきの」が札幌最大の風俗街になっており、「すすきの」に行けばキャバクラ・ニュークラブ・ガールズバーからファッションヘルス・ソープランド・デリヘルとほぼ全てのお店で遊ぶことができます。

すすきのでは、特にキャバクラとソープランドがおすすめです。

すすきのでの「キャバクラ」は、全国的な呼び名だとセクキャバにあたるお店になるので多くの人がまずビックリすることでしょう。過激なお店だと【ハードキャバクラ】とも呼ばれ、普通のセクキャバ(おっぱぶ)より過激なサービスを受けることができます。ちなみに一般的なキャバクラは、すすきのでは【ニュークラブ(ニュークラ)】と呼ばれているお店になります。キャバクラは飲食店ですので、風俗店のような「ヌキ」サービスはありませんが、Dキスから下半身のタッチまで「ヌキ」以外のことは全てできる飲食店と言えます。

さらに料金の安さにもビックリすることでしょう。このようなセクキャバシステムのキャバクラでも1セット5,000円~8,000円と東京のキャバクラより安く遊ぶことができます。ニュークラブになれば、1セット飲み放題2,000円~3,000円とガールズバーほどの料金で遊ぶことができちゃいます。

すすきのの夜遊びは、キャバクラで盛り上がった後は、ソープランドに行くかホテルに帰ってからエロカワ女子が呼べるデリヘルで遊ぶのが定番コースになっています。